売る仕事から作る仕事へ。ずっと続けたい。

永原 麻由

教師データチーム所属

2020/05/15

永原 麻由
教師データチームの2号社員。事務未経験ながら常人の2倍近いパフォーマンスを発揮し社員に抜擢。ワインショップの接客販売員から転身、機械学習の精度を高めるべくデータ作成に日々奮闘中。社内チャットでは女神的存在となっている。お酒が恋人。

「作る仕事」をしてみたい

以前はワインショップで、ワインエキスパート(一般社団法人ソムリエ協会認定資格)の資格保持者として接客販売員の仕事をしていました。所属しているショップには店舗もありましたが、私は天神にある某百貨店に勤務していました。

転職しようと思ったのは、販促の仕事でPOPやダイレクトメール作成をしているうちに制作の仕事に興味が湧いたことです。ものを売る側よりも作る側の仕事をしてみたい気持ちが日に日に強くなり、退職に至りました。

楽しく働いていたら、社員になった

応募したのは、たしか文字起こしのアルバイト募集です。

当時は「将来的に在宅で仕事できたらいいな」という願望もあり、文字起こしなら特別な資格や知識も必要ないしできるかもしれないと。

応募に履歴書が不要という点も魅力的でした(笑)

社員として加わったのは半年ほど働いたあと。社員として働いてくれませんか、とお誘いをうけて「これはありがたい話だな」と二つ返事でOKしました。

すごく楽しく働けていたので、交渉ごとがあった記憶もないくらいです(笑

データ作成・バックオフィス・エンジニアとの連携

現在は機械学習用のデータ作成が主な業務です。学習精度を高めるための校閲作業も行っていて、近ごろはメンバーの全員が校閲作業をできるようにしようという動きになっています。

その他にはバックオフィスのサポート、エンジニアから依頼された業務をチームメンバー対応できるように取りまとめる役も担っています。

とにかく働きやすい。課題は知識不足

デスクワークは初めてなんですが、こんなにホワイトな企業があるのかと驚きながら働いています。

個人的には特に、Slackを用いたコミュニケーションがありがたいです。私は唐突に聞かれたこと対して、すぐに整理して答えるのが苦手で。

いちど文章として可視化すると整理がしやすくなりますし、落ち着いて答えられるので助かっています。また人事の方がこのような組織風土を醸成している点も素晴らしいなと思います。

おかげさまで楽しく働けていて「めちゃくちゃ大変だ」と感じたことは今のところありません。エンジニアとの連携に知識や理解の不足を感じることがあるので、その点には課題を感じています。

今後も作る仕事を続けたい

アルバイト期間も含めると約1年が経ちました。接客業といまの仕事を比較してみて、やはり売る側よりも作る側が肌に合っていると感じます。

だから、社内のみんなで協力して何かをやっていくというのは続けたいですね。自由にのびのび働けているので、環境はこのままがいいです(笑)

将来的にはリモートで行えるような体制も整えられたらいいなとも思っています。

他のインタビュー記事を読む

アーニーにエントリーする